睡眠にはしつけが必要?

子育て関係

おはようございます。早い時には朝4時に目が覚め僕を起こす子がいるぐっちです。早すぎる(泣)そんな子達を見ていると睡眠も成長には大事な事が分かってきました。紹介していきたいと思います。

最適な睡眠時間は意外と〇〇い?

アメリカ国立睡眠財団の調べによると、

1〜2歳児は11から14時間睡眠

3〜5歳児は10から13時間睡眠

6〜13歳は9から11時間睡眠。一般的な日本人が考えるよりも、かなり長時間ではないでしょうか。先生は、睡眠の重要性につい で、こう述べております睡眠中の脳からは、成長ホルモンが分泌され、骨や体の成長を促します睡眠が不足すれば、ホルモンの分泌にも影響が出るので、発育の遅れにつながりません。また、免疫力が低下して、体調不良も起こしやすく、風邪などの病気に かかりやすくなる可能性もあります。精神面でも注意力、集中力が低下し、イライラしやすいという傾向があります。
心身に大きな影響が出るほど、睡眠は重要なのです。

なるほど、寝る子は育つと言いますが、子にとって、いや、人間にとってやはり睡眠は欠かせないようです。まずは、大人から意識改革していきましょう。僕は22時に寝て5時に起きています!


いやいや、睡眠が大事なのはわかっていますよ。でも、うちの子は夜型になってしまって、なかなか寝付かないのですよ、そんな嘆き声が聞こえてきました。その場合は、体内時計が狂って、時差ボケになっている状態かもしれません。子どもが時差ぼけ状態になっているな〜と思ったら、旅行に行ったつもりで、まずは朝早起きししてみてください。そして、朝の太陽を浴びて、体内時計を調整しましょう早起きすれば、夜まで起きていられないので、自然と寝つきが良くなります。これは本当です!


子供の生活時間の調整は、親が整えてあげなければなりません夕食時間を早めるなど、少しずつ調整して、早寝早起きを身につけてほしいと思います。なるほど、早寝させるためには、早起きがせんけつ内容です寝かしつけという通り、しつけなのです。親がその環境を整えてあげることが重要なのです。

タイトルとURLをコピーしました