え?この飲み物は水分補給にならない?意外と知らない水分補給にならない飲み物とは

5月の中旬からすでに猛暑になっている場所もあって今年も暑くなる事間違いなし
僕は汗っかきなので夏は苦手です。この時期になるとテレビなど格メディアから熱中症の文字を見る事が増えてきます。熱中症予防に欠かせないのが水分補給ですよね。僕も熱中症予防でビールをグビグビっと笑。一番水分補給に適していない飲み物ですね笑。アルコールは水分補給に適さないのは皆さんご存知でしょう。ではそのほかの水分補給に適していない飲み物は何かまとめてみました。

水分補給に適していない?意外と知らない飲み物4選

アルコールを含む飲み物

当たり前ですね笑。
熱中症予防の観点から、アルコールの摂取量には制限が必要です。過度なアルコール摂取は体内の水分を排出しやすくし、脱水症状を引き起こす可能性があります。したがって、アルコールを摂取する場合には、同時に十分な水分補給を行うことが重要です。アルコールを飲む前後に水分を摂り、アルコールの利尿作用による脱水を予防しましょう。

カフェインを含む飲み物

カフェインは中枢神経刺激薬であり、覚醒作用や集中力の向上などの効果があります。疲労感を軽減し、パフォーマンスを向上させるため、運動前や長時間の活動中にカフェインを摂取することは一般的です。また、カフェインは脂肪燃焼を促進する作用もあります。
熱中症予防の観点から考えると、カフェインの摂取にはいくつかの制約があります。カフェインは利尿作用を持ち、体内の水分を排出しやすくします。これは脱水症状を引き起こし、熱中症のリスクを高める可能性があります。したがって、カフェインを摂取する場合には、水分補給を十分に行う必要があります。

ジュース

ジュースといった甘いは多くの場合、高い糖分濃度が含まれています。これは、ジュースが甘くておいしい理由の一つですが、熱中症予防には好ましくありません。高糖分の飲み物を摂取すると、血糖値の急激な上昇を引き起こし、エネルギークラッシュや体調不良を招く可能性があります。また、高糖分のジュースは水分吸収を遅らせるため、適切な水分補給が行われず脱水症状を悪化させるリスクがあります。

スポーツドンリンク

多くのスポーツドリンクには、高い糖分濃度が含まれています。これは、エネルギー補給やパフォーマンス向上を目的としているためですが、熱中症予防には好ましくありません。高糖分の飲み物を摂取すると、血糖値の急激な上昇を引き起こし、エネルギークラッシュや体調不良を招く可能性があります。また、高糖分のスポーツドリンクは水分吸収を遅らせるため、適切な水分補給が行われず脱水症状を悪化させるリスクがあります。

水分補給にオススメ!この夏に飲みたい飲み物は⁉️

・麦茶

・ルイボスティー

・炭酸水

・水

納得の4選ですね。水分補給にはノンカフェインで無糖が良いです。
健康に良い飲み物は水分補給に適しているということです。
喉が渇いたなと感じる前にこまめに水分補給をすると熱中症になりにくいそうです。
忘れがちなのが就寝前、起床時の水分補給です。
体の7割以上が水分です。適切な水分を補給して今年の猛暑を乗り切りましょう。

タイトルとURLをコピーしました